窓ガラスフィルム施工はぜひ、高伸プランニング株式会社にご相談ください

電話番号 :03-6806-8930 E-mail: info@koshin-plan.com
東京都荒川区西日暮里5‐36‐1 KMビル2階

足立区にお住まいの方限定!区から助成金が出ます!詳しくはこちら

 

窓用フィルムを一枚貼ることでこれらのお悩みは解決します!

フィルムには多くの機能があります。
飛散防止・UVカット・目隠し・遮熱・紫外線カット・省エネ・防虫などの機能はもちろんのこと。
そのほか特種機能をもつフィルムもたくさんあります!

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

快適な環境づくり、防災や減災、防犯、プライバシーの保護

これらのすべてをたった1枚で叶えるのが窓ガラスフィルムです。
窓ガラスにフィルムを貼ることで「日射調整」「遮熱(断熱)」「ガラス飛散防止」「防犯」「プライバシー保護」「紫外線カット」などで大きな効果があります。
すでに公共の建物の50%以上で窓ガラスフィルムが採用され、オフィスビル、店舗、各公共施設、マンションにいたるまで、いまや窓ガラスフィルムは「安心・安全・快適」な空間づくりには必要不可欠なものになっています。
ホームセンターやネットショップで購入したフィルムをご自分で貼ることもできますが、キレイに仕上げるのは大変難しいですし、何よりもフィルムの機能を十分に引き出すことができなければ意味がありません。
当社の施工は最長で5年間、窓ガラスフィルムの製品寿命まで安心してお使いいただけますので、DIYで購入するよりリーズナブルな選択といえるかもしれません

 

 ~MENU~

 

お気軽にお問い合わせください
専門のスタッフがご対応させていただきます

 

洗練された技術

ここちよいおもてなしと

たしかなクオリティ

 

高伸プランニングは長年培った高い技術と幅広い知識を活かしながら、
お客様に寄り添い、頼りにされる企業になることを目指しています

 

 

 

高伸プランニングはポータルサイトでも
ご評価いただいております

 

取り扱い商材と事業内容を
わかりやすくまとめています!

 

高伸プランニングの
5つのメリット

営業担当は建築板ガラス、窓用フィルムに30年以上携わったベテランです
専門家のお店だからこそのご対応をお約束します

1.豊富な知識と経験でご提案

ご予算、用途などから最適なフィルムをご提案させていただきます。

お客様との直接お取引の為、余計な費用が一切かかりません。

2.数値で効果を説明

「本当に効果があるの?」

不安にお応えするため、遮熱・断熱・防犯・UVカット等の機能系フィルムは、原則として数値を以ってわかりやすく説明します。

もちろん診断は無料です。

3.最長5年間保証付き

当社は、責任を持ってフィルムの施工をしております。

もしも、貼り付けたフィルムが自然剥離した場合は再施工いたします。

4.国家資格保持者による施工

国家技能検定資格を有したスタッフを中心に性能を十分に発揮させる丁寧施工をお約束。

女性スタッフもおりますので、男性に家に入られるのはちょっと苦手・・・という方もご相談ください!

5.親切・丁寧な対応

「高伸プランニングにお願いして良かった!」と言われるような接客を心掛けます。

ご納得いただけないままお手続きを進めるようなことはいたしませんのでご安心ください。

専門家としてのコダワリ

コダワリ1施工前の熱割れ計算

網入りガラスだから、複層ガラスだからといって熱割れするとは限りません。

遮熱、断熱フィルムは、原則として熱割れ計算を無料で事前実施しています。

窓の設置環境についてお聞かせください。
当社オリジナルソフトは国内流通するガラス、
フィルムにほぼ対応します。

コダワリ2施工後のUV透過チェック

紫外線は目に見えないので「紫外線99%カットって本当?」という声をよく耳にします。

ご希望の方には施工後に計測器によるUV透過チェックをします。
簡易カード式ではなく計測器による数値をお見せするので目に見えない効果をご確認いただけます。

コダワリ3防犯フィルムの標準仕様

各社から様々なフィルムがでており、一般の国内品の他、
警備会社系、ハウスメーカー系、外国品など様々あります。

当社では防犯用途となれば警察行政抜きでは語れないのではないのかと考えます。

当社標準仕様品は官民合同会議(警察庁、国土交通省、経済産業省及び関係する民間団体)の「防犯性能の高い建物部品目録」の製品としています。

コダワリ4価格差≠性能差

欲しい機能だけ選択すれば高価なフィルムを購入する必要はありません。
高価なフィルムばかりが性能に優れているとは限らないからです。

お客様のご要望に応じて最適な一品をご提案させていただきます。
本当の“フィルムのプロ”は様々な疑問に答えてこそのプロであると考えています。

新着情報