UVカットフィルム

一般の紫外線カットフィルムより一つ上のクオリティをもつフィルムをご紹介

紫外線について

紫外線とは?

紫外線(Ultra Violet rays)は、一般的に「UV」ともよばれます。
電磁波の一種で可視光より波長の短い光が紫外線です。
波長の長さ(nm=ナノ・メートル)により分類されます。

波長って?

・UV-C (200nm~280nm)
大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しない

・UV-B (280nm~315nm)
ほとんどは大気層(オゾンなど)で吸収されるが、一部は地表へ到達し皮膚や眼に有害、日焼けや、皮膚がんの原因に

・UV-A (315nm~400nm)
家財(カーテン、絨毯etc)、絵画などの退色
UV-Bほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康影響も懸念されている

国内流通するほとんどのフィルムは紫外線遮蔽(UVカット)機能が付与されていますが、紫外線全領域(200~400nm)をフルカバーしているわけではないのです。

3タイプのフィルムの透過率分光曲線のグラフと解説

3タイプともで示す380nm付近から透過率が急上昇し、紫外線領域最長の400nm付近になると40-50%まで透過していることがわかります。

では「380nm~400nm」領域の紫外線の特徴はどんなものなのでしょう。
みなさんも「ブルーライト」という言葉をお聞きになったことがあると思います。

ブルーライトは可視光線の中で散乱率やエネルギーが高い光線で人の目に悪影響があるともいわれており、カーテン、カーペット、家財の色褪せ、劣化にも、ブルーライト領域の紫外線が少なからず影響しています。

「ブルーライト領域(380nm~)」までをカバーできるような窓用フィルムは非常に少ないのが現状です。

国内で一般流通する
窓用フィルムについて
紫外線遮蔽性能を検証してみました

測定で使用したフィルム

用意した機材

紫外線照射ライト:ガイアノーツ社製 M-09
照射領域:ピーク395nm(395nm付近)
照射量:160μW/㎠

①マザーツール社製 UV-340A
測定領域:290-390nm

②UVチェックカード(製造元不明)
測定領域:紫外線感応により紫色に変色(280-400nm)

①紫外線測定器
(測定方法)
測定器受光窓に計測測定対象フィルムをのせ紫外線ライトを直接当てて照射する

②UVチェックカード
(測定方法)
紫外線感応部分に測定対象フィルムをのせ紫外線ライトを直接あてて10秒間照射する
受光した紫外線量が多いほど濃い紫色に反応する

測定器による測定結果

各フィルムとも紫外線透過量は 0μW/㎠ でした
本器の測定領域(290-390nm)の紫外線は遮蔽されていると考察します

UVチェックカードによる測定結果

UVチェックカードの感応領域が測定器と比較して広領域(~400nm)のためフィルムごとに大きな差がでました

5品種とも390nmまでの紫外線はほぼ遮蔽していますが、C,Eについては測定限界の400nmまではカバーできていることがわかりました
各社ともに紫外線遮蔽効果をうたっていますが、製品により性能差があるのは事実のようです
フィルムA 高透明遮熱フィルムとして高性能ですが紫外線遮蔽性能は一般品と同レベルです
フィルムB  防虫フィルムは紫外線カット性能が高いときいていましたが一般品並みでした
フィルムC  紫外線遮蔽性能は高いのですがオレンジ色というのが好みの分かれるところです
フィルムD  一般品と比較して効果は高いです
フィルムE 高透明ながら紫外線遮蔽性能が高いです

実は今回そのほか国内流通する様々なフィルムもチェックしてみましたが、上記CとEのフィルム以外(ほぼ全部といってよいほど)は程度の差はあれAやBと同様の結果になりました

「高領域紫外線遮蔽」はワンランク上の本格的なUVカット効果を期待することができます
当社では上記測定テスト「フィルムE」をご用意していますのでぜひご相談ください